平成30年度活動報告

◎3月更新分

社会教育部

社会教育部は、各地区から選出された理事たちによって成り立っている部です。

 そのため、子供会など地区の行事などと掛け持ちになり大変な面もありますが、地区の方々との関わりも多くなり、地区と学校と家庭の架け橋となる大切な仕事だと実感しました。

「主な仕事」

〇まもる君の家の巡回

 まもる君の家にご協力頂いている所には、子供達の安全を守ってもらえるステッカーを貼って頂いております。また、巡回時に周辺の危険箇所をお伺いしてさくら安全マップに危険箇所の追加も行ないます。

〇地区集会

 7月初旬に、さくら小学校の体育館で市域の方々や先生方、保護者の皆様で子供達の登下校の様子や、不審者情報、校外での遊びなどについて意見交換を行う貴重な機会です。残念ながら、今年度は、大雨のため中止となりましたが、見守り隊や登校班の世話役の方々からご意見を頂き、改善のために話し合いました。

〇運動会バザーでのジュース販売及びPTAバザーでのうどん販売

 今年度は、気温の高くお昼の時点で、ほとんどジュースが残っていない状態でしたのでご不便をおかけしました。来年度の販売数を検討したいと思います。

 また、PTAバザーでは、創立30周年記念ということもあり、例年以上の方に購入して頂きました。込み合う時間もありましたが、おやじの会の方や一役さんのご協力もありスムーズに提供できました。美味しいおつゆに器からはみ出しそうなあげは、ボリューム満点でした。

 大変なこともありましたが、先生方や執行部の皆さんに助けて頂き感謝しております。


スポーツ委員会

 一学期 高学年かけっこ教室

     (今年度は雨天のため中止)

 二学期 低学年鉄棒教室

 三学期 親子運動能力向上教室

と、年間を通して楽しみながらスポーツに触れ合う教室を行いました。

 各教室とも、多くの方にご参加頂き、大変うれしく思っております。

 また、保護者の方々からたくさんのご意見も頂き、今後の活動をより良いものにしていけるよう、来年度に引き継ぎ委員会で改善点等を話し合っていけたら良いと思っております。

 来年度は、雨天の場合の雨天の場合の事を考慮し、教室の見直しも行なっていく必要があると思います。


手芸委員会

 手芸委員会の主な活動は、PTAバザーに向けての作品作りと販売です。

 学校でも使える名札台紙、移動ポケット、トートバッグなど実用品をはじめ、毎年人気のヘアゴム、ヘアピン、キーホルダーなどは友達とおそろいに出来るように色違いを多く揃えました。

 お子様から大人まで喜んでいただける作品を作っていきたいと思います。


広報部

 広報部は、広報『さくら』の作成を通じてPTA活動を行っています。

 主な活動としては、年に一回、三月に発行する広報『さくら』の作成と次年度四月に『先生紹介号』を発行することです。

 広報『さくら』は、年に八回程予定している部会で作成します。四つのグループに分かれて、それぞれテーマを決め、取材をしたり、アンケートを取ったり、レイアウトを考えたりします。パソコンで編集する作業はないので、パソコンが苦手な方でも大丈夫です。

『先生紹介号』は、発行まであまり時間がないため、部長、副部長、書記、会計の四役で作成しています。

 その他には、年二回に学級懇談会のお世話や運動会、バザーのお手伝いがあります。運動会は、駐輪場や看板の設置、自転車の誘導を行います。バザーは、体育館でチケット販売の交換をします。行事は大変でしたが、今まで知らなかった学校のことを知ることもでき、よかったです。

 これからも学校・家庭・地域につながる広報を目指して頑張りたいと思います。アンケートや取材へのご協力を宜しくお願いします。


◎10月更新分

見守り隊運営委員会

 地域の見守り隊の方々と学校の窓口として活動しています。

 子どもたちの登下校や校区での活動の安全確保のため、見守り隊さんへ定期的に「さくら見守り隊だより」を発行して下校時刻や行事のお知らせをしています。

 こうして、見守り隊さんが活動しやすいように準備をしたり、ご意見を聞いて学校や保護者にフィードバックしたりするのが「さくら見守り隊運営委員会」です。

 また、6月30日に開催した「救急救命講習会」には地域の見守り隊さんにもご参加いただき、保護者や子どもたちも有意義な講習を受けながら交流を深めました。

 不定期になりますが、このような交流会後にはレポートを発行したり、保護者や子どもたちからのメッセージを取りまとめて配布したりもしています。

 今年度も学校での行事を案内し、見守り隊さんと交流を深め、日ごろの感謝の気持ちを伝えたいと思っています。


さくら小学校おやじの会

 現在17名の会員が、小学校生活を子どもたちと楽しむために活動しています。

 夏休みには、200名が参加するサマーキャンプが開催されました。

 例年は宿泊を伴う2日間のキャンプですが、今年は台風の影響もあり、1日のみとなりました。

 イベントは減りましたが、あまり体験した事のないスポーツを行い子どもたちも夢中になりました。

 その後はプールで自由に遊び、夕食は、自分たちで空き缶の釜とかまどで米を炊き、そこへおやじ特製カレーを盛ります。

 通称「サバ缶」で炊くご飯は、火が消えたり、缶が倒れたり、子どもたちだけでは難しいので、おやじ会員OB会員もサポートしました。

 苦労して作った夕食は格別でした。

 2学期に入り運動会ではかき氷を販売し、おやじの会のブースには長蛇の列ができ、忙しいながらも楽しんでかき氷を作り完売しました。

 例年、運動会の片付けにはかなりの時間を費やしますが、今年は中学生も手伝いをしてくれはやく終えることができました。中学生が自主的に手伝ってくれたことにとても感心しました。

 おやじの会は今年で10年。

 これからも、さくら小学校の子どもたちのために、よい活動が出来ればと思っています。


学校教育部

〇合同保護者親睦会

 8月24日(金)、さくら小学校体育館にて、全学年合同のドッジボール大会を行いました。

 他学年の保護者の方々と交流を深めるよい機会となり、楽しく活動することができました。

〇クリーンアップ大作戦

 8月25日(土)、今年も約630名という多くの方にご参加いただき、児童・保護者・先生方や地域の方々の協力のもと、クリーンアップ大作戦を無事終えることができました。

 暑い中での活動となりましたが、皆さんとても熱心に作業してくださり、心より感謝しています。

 おかげで、子どもたちもきれいになった教室で気持ちよく2学期を迎えることができました。

 ぜひ、来年もクリーンアップ大作戦にご協力くださいますよう、よろしくお願いします。

〇人権啓発標語

 保護者の皆さまから応募いただいた作品を、人権週間に合わせて校内の掲示板に展示しました。今年も多数のご応募、ありがとうございました。


図書委員会

平成30年10月10日(水)

 人権・同和教育参観日にPTA図書の貸し出しをしました。

25分間の短い貸し出し時間でしたが、15名ほどの保護者の方に利用していただきました。

 もっと多くの保護者の方に来ていただけるように工夫し、見やすい、借りやすい図書コーナー作りをしていきたいと思います。

 そこで、本の借り方や返し方について説明したいと思います。

 PTA図書コーナーは図書室の一番奥にあります。

 いつもはカーテンを閉めていますが、貸し出しの時にカーテンを開けると小説・エッセイ・料理本・育児本・ダイエット本などの色々なジャンルの本があります。

 本の貸し出し日や時間、新刊の案内は年3回発行する「としょの森」でご確認下さい。

 貸し出し時にはPTA図書委員が2名います。

 借りたい本が見つかりましたら、貸し出しノートに記入して下さい。

 新刊は2冊、旧刊は5冊まで借りることができます。

 貸し出し期間は2週間ですが、長期休暇前は変わることがあります。

 図書委員会が返却日を記入した貸し出しプリントを渡しますので、期日までに返却して下さい。

 会議室の前に白色の返却ポストがありますので、その中に入れて下さい。お子様に持たせて入れて頂いてもかまいません。

 また、貸し出し時リクエストカードをお渡ししています。読みたい本がありましたら、返却時に本に挟んでお返し下さい。

 最後にあまり本を読まない方にも読みやすい本を紹介したいと思います。

 カラテカ矢部太郎さんの「大家さんと僕」、佐藤藍子さんの「九十歳。何がめでたい」、吉野源三郎さんの「君たちはどう生きるか」はおすすめです。

 また、有川浩さんや湊かなえさんの本は比較的読みやすいと思います。

 参観日・個別懇談会の日が貸し出し日になりますので、来校されたついでにぜひお越し下さい。


◎7月更新分

ベルマーク委員会

 昨年度、皆様の収集活動のご協力により、掃除機2台を購入することができました。

 ご協力ありがとうございました。

 ベルマークの他にも使用済みインクカートリッジ、トナーも回収しています。捨てる前にベルマークが付いていないかご確認いただければと思います。回収BOXは販売室前に置いていますのでご協力よろしくお願い致します。



家庭教育部

 給食試食会

 家庭教育部では年4回「さくら学級」を開いています。

 第1回目は、1,2年生の保護者を対象に子どもたちの給食を体験できる試食会を開催しました。

 さくら小学校は、松山市の職員さんに垣生調理場で毎日作っていただいているそうです。当日はさくら小学校の栄養教諭が保護者からの事前アンケートに書かれている質問に答えてくれました。75名の参加者が話を聞き、子どもたちと同じメニューの給食を食べました。

 最後に1,2年のクラスを参観し子どもたちの様子を見ました。

 「思った以上においしくて、あっという間に食べられた。」「食器の話や栄養のかたよりについての話が聞けてためになった。」など参加した保護者からのお声をいただいています。

 第2回目は、松山市の消防署の方にご協力いただき救命救急講習を行います。

 何かあった時のために、一生懸命親子で習得していきたいと思います。

 現在の活動予定はこの2回ですが、あと2回はリース作りや、マザーズコーチングなどの講習の計画を立てています。

 役に立つことを保護者との交流を深めながら行っていけたらと思っています。